ファクタリングの変遷について

現在のファクタリング制度でアメリカなど世界で営まれているものは、前世紀末から今世紀の初頭にかけて開始されたものだそうです。

ファクタリング業務を提供するファクターそのものというのの歴史は古いそうです。それは倉庫を持って商品を販売する商人というものなのだそうです。

ところが、時代が移っていくうちに、ファクターという言葉はそのまま残って、業務内容は変わってしまったそうです。そもそもファクターfactor とういうのは、代理人とか問屋、仲買人、代理商などと訳されるものだそうです。

今の時代、ファクターというのをそのような意味で捉えるのは時代錯誤なのだそうですが、訳語じたいは二十世紀初頭まで遡って考えたらおかしいわけではないそうです。ファクターの起源というのは、商業の発生まで遡るそうです。

バビロニアの土器にもファクターを意味するものが刻まれたりしているそうです。ハンムラビ王の時代ではファクターの特徴を持った人たちが活躍していたそうです。また、フェニキア人が地中海沿岸に商取引の拠点を持って商業活動を活発に行なっていたことも知らているそうです。古代ローマでも金持ちのローマ人のためにファクターがその財産管理を委託されたそうです。

シェイクスピアの作品には、富裕な商人としてファクターがしばしば登場しているそうです。ファクターとは、商品の販売を委託されて、他人のためにこれを販売する商人ということになるそうです。

要するに問屋さんや委託販売人という意味で用いられていた歴史があるということだそうです。ファクターの起源が古代にまで遡るのは、不思議ではないということだそうです。中世に入るとファクターの活動は明確になってくるそです。

コメントは受け付けていません。