現代ファクタリングのはじまりとは

アメリカの経済が発展するにつれて、ファクターの業務に対するアメリカ国内での情勢が変化していったそうです。産業革命の波がアメリカに打ち寄せると、アメリカ国内の繊維工業が成長していったそうです。

アメリカ国内で作られる製品というのはイギリスから入ってくる商品に比べて技術的に劣っていたそうですが、会場運送費などがかからない分、とても安かったそうです。19世紀の後半になると、イギリスはアメリカ市場での戦意商品の主たる供給者ということではなくなったそうです。アメリカ政府が自国の繊維産業の保護のために高い関税をかけたからだそうです。

そのことでヨーロッパ商品はアメリカ市場から事実上締め出されたのだそうです。このことで締め出されたのはファクターたちも同じだったそうです。輸入業者に携わっていたファクターだけではなく、交通や通信の発達から直接取り引きが可能になったことから、ミドルマン的な仕事をしていたファクターの活躍の場も奪われていったそうです。

会社自体も大きくなり、巨大な組織となっていたそうです。そのようなスケールの大きな会社ができてくると、ミドルマンは必要とされなくなり、自前で直接に大量の取引ができるようになったのだそうです。

ファクターの中には生産者側に吸収されたりということもあったそうです。1936年頃には、ファクターというミドルマンはいなくなったと思われたそうです。けれど、ファクターはずっと生き残っていただけではなく、アメリカの全産業の中で最も従業員を多く抱える巨大企業に成長したいたのだそうです。

商品販売の方をやめて金融業務に移行したのだそうです。

銀行よりも大胆に柔軟な活動をして幅広いサービスを提供したのだそうです。

コメントは受け付けていません。